自死でわが子を喪った親の集い「あんじゅ」の参加者ブログです

池川明先生の講演会でした!

本日は「あんじゅ」と「虹のかけはし」参加者を対象として開催された、医学博士で胎内記憶の第一人者の池川クリニック医院長 池川 明先生の講演会でした。

 

池川先生をお招きしてお話をうかがうのは今回で3回目です。

テーマは、

「胎内記憶」の聞き取り調査から描かれる命と魂のお話

「生きるということ」「死に対する考え方」

「先に逝った大切な人が生きている私たちにのぞむことは?」

などなど盛りだくさんでした。

先生のご研究のテーマでもある「胎内記憶」のお話と、

そこから導き出される命と魂のお話は、

愛とユーモアが満載です。

お話に聞き入るうちに、

いつしか先生のあたたかな語りに包まれて

思わず涙してしまったり、

心からの笑顔が生まれたり、

毎回とても素敵なお時間となります。

 

二時間のご講演を終えて、

場所を変えて懇親会をしましたが、

講演会の中では質問ができなかった数々の話題が飛び出しました。

どんな質問にも快く、そしてウイットに富んだ答えを出してくださる先生、さすがです!

ご感想用紙を用意していなかったのですが

「最初から涙、涙…でした」

「こんなお医者様に相談にのっていただきたかった!」

「先生のお話の○○の部分が心に響ました!ありがとうございます!」

「次回が待ち遠しいのですが、いつですか⁈」

という感想もいただきました。

(皆さんからのご提案で、次回あんじゅ(15日)までの宿題となりました~お忘れなく♪)

池川先生、本日はありがとうございました。次回もよろしくお願いいたしますハート

ご参加いただいた皆様、ありがとうございましたハート

残念なことに欠席となってしまった皆様、ありがとうございましたハート

 

参加者からの質問に真剣に答えてくださる池川先生コチラ

写真に写っているパネルは「RYOUSUKE」が遺した作品です。

写真には、まぎれもなく彼が生きた証があります。

池川先生も「どれも光があって素晴らしいですね」と言われました。

ちなみに「いじめ対策推進プロジェクト」のHPに彼の作品のページを作りたいと思っています(少し時間がかかりますが、できたらご覧くださいね)

 

「えっ、私こんな顔していたの~?」と訊いた時の

写真を撮ったスタッフからのメッセージコチラ

「はい、最後に熱い思いを真剣に語られるみどりさんですラブラブ!あせる

スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply