自死でわが子を喪った親のつどい「あんじゅ」の参加者ブログです

8月のあんじゅ

本日 3年半ぶりの対面あんじゅが県民センターで開催されました。
無事に再会できた喜びに、ハグ&涙の場面があちこちで見られました。
     hug_couple_women.jpg     hug_couple_women.jpg

そして みどりさんの「おかえり」に、もう胸がいっぱいでした。
おかえり・・・とても嬉しく温かい言葉
私たちは実家に帰ってきたのです。
あんじゅはいつも私たちを優しく迎えてくれる、大切な実家なのです。

16名の参加者でのわかちあいとなりました。
途中少人数のグループに分かれ、その後各グループの話題を皆でシェアしました。

*私たちには、あんじゅという本音で話せる場所があるが、残ったきょうだいたちは
 どこに気持ちを持っていけるのか。
*自分の楽しみを持っていたい。
 何かに夢中になっている間は、子どものことから離れることができる。
 そんな時間もあっても良い。
*他人に話してもこの悲しみ・辛さは分かってもらえないが、
 分かってもらおうとも思わない。
 ここがあるから、あんじゅで話せるから他人の共感は求めない。
*あんじゅに来るとホッとする。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
2020年3月からオンラインでのあんじゅでした。
もちろんオンラインの優れた点は多々あります。
が、やはり対面の方が実家の温かさを肌で感じる事ができます。
     sweets_ochagashi_otsukigashi.jpg
実家・・・私たちの実家であるあんじゅ
あんじゅがあって、あんじゅに出会えてよかったとしみじみ思いました。

最後にお知らせです。
来年1月から、あんじゅは毎月対面形式で開催いたします\(^o^)/



スポンサーサイト