自死でわが子を喪った親のつどい「あんじゅ」の参加者ブログです

1月のあんじゅ

寒い日が続いていますが、今年の大寒は20日・金曜日です。
寒いわけですね。
降雪による交通機関の影響が心配になってきますが、
オンライン開催では、各自暖かい所から参加できるのが優れた点です。

        kaisya_desk_ashimoto_heater.jpg    samui_woman.jpg

今日は7名の参加者でのわかちあいでした。

クリスマス・年末年始とイヤな時期をクリアした仲間たち。
ディスプレイに広がる仲間の顔を見ているだけでホッとします。
それぞれが「みんなどうしているかなぁ・・・」と気にかけて過ごしていました。
私たちは、あんじゅという実家から離れて日々生活しています。
が、実家があるから、無条件で迎え入れてくれる場所かあるから
こうして生きていけるのです。

今日も色々な発言がありました。
*ここでわかちあいができているお蔭で、新しいことをやってみようという気持ちになる。
*拒絶していた正月行事を今年は受け入れることができた。
 じかん薬・ひと薬は大切だと思う。
 ひと薬とは、あんじゅや虹のかけはしのことです。
 わかちあいで自分が話したり、仲間の話を聴いたりすることは
 私たちの気持ちを穏やかにしてくれます。
*子どもが還ってくることは不可能なので、私たちは元の状態には戻れない。
 もう充分すぎるくらい辛い体験をし、その現実に直面して生きている。
 生きているだけで充分!
  自分を罰するのは止めましょう!
       fashion_muffler.jpg
 
このようにあんじゅや虹のかけはしは、いつも様々な話題が出ます。
どんな話でも・・悲しい寂しいも、おかしな世の中のこともなんでもOKなのです。
実家に戻って「この一か月こんなことがあった」と心のガードを外し安心して
話ができる、そんな場所です。
          sweets_ochagashi_otsukigashi.jpg

特にまだ日が浅い参加者は、胸がいっぱいで気持ちを言葉にすることが
難しい場合があります。
無理をして話す必要は全くありません。
話すも聴くだけも、本人次第です。
わかちあいの場に身を置いているだけで、気持ちが安らぐと思います。

合言葉です!
イヤなことはしない!!
イヤなこと・イヤな場所には身を置かないようにしましょう。
無理はダメです。

世の中で起こっている事の他の面も見ることができるようにしたいですね。
あり得ない体験をした私たちだからこそ、それができると考えています。

2月2日の虹のかけはしで、またお逢いしましょう (^∇^)ノ


スポンサーサイト