自死でわが子を喪った親のつどい「あんじゅ」の参加者ブログです

広報の記事

 前回のブログでリンクを設定いたしましたが、1月からうまくリンクできないので
 本文を記載いたします。
 記事を読んだ感想・想いはこちらです。
 「こちら」をクリック・タップでリンクします。
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
 『自死遺族の心の支えに』
 身近な人や大切な人を自殺によって亡くした遺族は「殺」という文字に
 傷つくことがあります。
 そのため、遺族は「自殺」ではなく「自死」という言葉を使い、 
 自殺で身近な人を亡くされた方を「自死遺族」と呼んでいます。
 
 自死遺族は、悲しみや自責の念、社会の偏見などから自殺で亡くなったことや
 悲しみを誰にも話すことができず、
 地域や社会から孤立してしまうことがあります。
 ゆっくり静かに話を聴くこと、「必要なときはそばにいるよ」というメッセージを
 伝えることが遺族の支えになります。
 自殺の現状や自死遺族への理解を深めることで、遺族が安心して話せる場を作り、
 自殺に対する偏見や差別をなくしていくことが大切です。
参考文献:「自死・自殺」の表現に関するガイドライン(NPO法人全国自死遺族総合支援センター)

   太文字をクリックでリンクします。
スポンサーサイト