自死でわが子を喪った親の集い「あんじゅ」の参加者ブログです

11月のあんじゅ

早いもので、カレンダーが残り一枚となってしまいました。
今日は、暖かく気持ちの良い一日でそんな中 11月のあんじゅが行われました。
8名の参加があり近況等を話したのですが、ヒリヒリと体感する話が出ました。
☆夫を喪った妻は未亡人・寡婦、その逆は寡夫。親を失った子供は孤児。
だが、子どもを喪った親の呼び方はない☆
という文を本で読んだ。
あり得ないこと、あってはならないことだからです。

そうなのです。
私たちはいわゆる世間一般の常識で、はかりしれない体験をしてしまったのです。

その後2つのグループに分かれ、とても濃いわかちあいをしました。
私が入ったグループではこんな話が出ました。
自分が○○をしなかったら、あの子は死ななかったのではないか・・・
という自責の念。
またどこにも出かけず、現在は引きこもりのようになっている。

そして 今日はあんじゅの後新聞社の取材があり、全員が取材に応じました。
そこでも色々な話が出て、予定時間をオーバーしての充実した時間となりました。
そこで出た話を・・・
子どもが死んでから、もう笑うことはないと思っていた。
自死遺族には派手な服装はふさわしくない。
何故「自死遺族」という括りがあるのか。
行政の在り方はこんなものでよいはずがない。

さまざまな意見・感じ方が出ましたが、記者さんが私たちの気持ちを分かって下さる方でした。
私たちの気持ち・あり方がそのまま記事になるよう願っています。

コロナがまたまた猛威をふるっています。
みなさん どうかお気をつけてまた来月画面越しですが
お会いいたしましょう!

スポンサーサイト