自死でわが子を喪った親の集い「あんじゅ」の参加者ブログです

小さな命は生きがいとなる

台風2号が接近中ですが、いかがお過ごしですか?

やっとブログを始める事ができました…


今月のあんじゅ、

参加者の方があるお話を教えてくださいました。

とてもいいお話で一同感動をしました。

スタッフのEちゃんが探し出して、翌日にはメールに打ち直して送ってくれました。

随分掲載が遅くなりましたが、お知らせします。

以下 新聞からの抜粋です。


亡き主人を迎えに渋谷駅に通う秋田犬の悲話を、「いとしや老犬物語」と伝えたのは手前みそながら本紙だった。

昭和の初め、忠犬ハチ公の誕生だ。

死因は寄生虫とされるが、がんも患っていたという。

精勤10年。

病身の忠誠はこの動物の才を語る。
生前に銅像が建ったハチほどではないが、この震災でも「奇跡の犬」が生まれた。

沖に流された屋根の上から、3週間ぶりに救われたバン。

飼い主と再会し、ちぎれんばかりに尻尾を振る姿に、「家族の絆」を思った。
何匹、何頭が津波にのまれただろう。

人の生死と同列には語れないけれど、ともに生きた何人目かの家族である。

愛犬を助けに戻って濁流に消えた人、家畜の世話のために避難を拒む人もいる。
やせこけ、放射能の中をさまよう犬や牛馬の姿に、啄木が詠んだ光景の貴さをかみしめる。

〈路傍(みちばた)に犬ながながとあくびしぬわれも真似(まね)しぬうらやましさに〉

屈託のない犬と、あやかりたいと眺める歌人。

今にしてみれば、夢のような退屈である。

生かされたペットには、仕事がある。

愛する人の不在は埋められないが、小さな命は生きがいとなる。

無垢(むく)に和み、食べさせ寝かせ、頼られることを支えに、再生への長旅に踏み出す方もおら
れよう。
「あなたは一人じゃない」といった励ましが、世界中から寄せられている。

絶望の闇を抜け、この言葉の深さを誰かと確かめ合う日々が、被災者に訪れることを願う。

その時あなたに寄り添うのは、一人ではなく一匹かもしれない。


心を寄せ合い寄り添いあうのは…人だけとは限りません。

一人は淋しいけれど、

独りぽっちで淋しいと思う事が悲しい…のかも知れません。

離れていても心は繋がっています。

毎月1回の出愛ですが、

その時を楽しみに…

また来月6月9日にお愛しましょうドキドキ (M)

スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply