あんじゅのブログ

自死でわが子を喪った親のつどい「あんじゅ」の参加者ブログです

2月の虹のかけはし

「霜の声」寒い夜を表す風雅な言葉ですね。
         character_winter_fuyusyougun.png
外はとても寒かったのですが、6名の参加者が
昨夜19時30分から2時間のわかちあいの時間を持ちました。
6名は全員子どもを自死で喪った親でしたが、【虹のかけはし】は家族を自死で喪った本人の
なので、親以外の方の参加もお待ちしております。
昨夜の様子です。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*
☆あんじゅや虹のかけはしで仲間に出会い、笑えるようになった。
 子どもを喪った直後は、これから先笑うことなんてないと思っていた。
 というか、楽しむ・嬉しい・喜ぶという感情を失っていた。
 しかし、わかちあいで構えることなく自分の気持ちを話し、
 ほかの参加者の想いを聴くことで、固まっていた心が温かくほぐれてきた。
 ここには仲間がいると思うと、とても心強い。

☆子どもが「おかあさん楽しんで」と言ってくれている気がする。
 私たちは、一生懸命生きています。生き続けています。
 子どもを喪うという考えられない体験をしながらも、
 それでもこうして生きています。
 生きているだけで充分です!
 空の上の子どもたちも、私たちが笑顔で楽しんでいる姿を見て
 ホッとしているのではないでしょうか・・・
 もうこれ以上子どもたちを苦しめたくない。
 空の上に行ってまで、辛い思いはさせたくない。
    thumbnail_talk_oyako_mother.jpg
☆イヤなことはイヤだと認めて、日常に小さな幸せを探しましょう。
 この世の中は、感情を持っていないほうが生きやすいのかもしれません。
 子どもたちは、そうではなかったのでしょうね・・・
 だから死を選んだ?
 子どもを喪った私たちは、感性がより豊かになっています。
 豊かな感性で周りを見ると、小さな幸せが見つかるのでは。
 自分を責めないで、優しくしましょう。

 パソコンやスマホからのオンライン開催でしたが、
 ディスプレイから仲間の気持ちが伝わり
 とても温かい思いに包まれた2時間でした。
 
 風邪をひかないよう気をつけて、15日のあんじゅで
 またお逢いしましょう!
 

スポンサーサイト



1月のあんじゅ

寒い日が続いていますが、今年の大寒は20日・金曜日です。
寒いわけですね。
降雪による交通機関の影響が心配になってきますが、
オンライン開催では、各自暖かい所から参加できるのが優れた点です。

        kaisya_desk_ashimoto_heater.jpg    samui_woman.jpg

今日は7名の参加者でのわかちあいでした。

クリスマス・年末年始とイヤな時期をクリアした仲間たち。
ディスプレイに広がる仲間の顔を見ているだけでホッとします。
それぞれが「みんなどうしているかなぁ・・・」と気にかけて過ごしていました。
私たちは、あんじゅという実家から離れて日々生活しています。
が、実家があるから、無条件で迎え入れてくれる場所かあるから
こうして生きていけるのです。

今日も色々な発言がありました。
*ここでわかちあいができているお蔭で、新しいことをやってみようという気持ちになる。
*拒絶していた正月行事を今年は受け入れることができた。
 じかん薬・ひと薬は大切だと思う。
 ひと薬とは、あんじゅや虹のかけはしのことです。
 わかちあいで自分が話したり、仲間の話を聴いたりすることは
 私たちの気持ちを穏やかにしてくれます。
*子どもが還ってくることは不可能なので、私たちは元の状態には戻れない。
 もう充分すぎるくらい辛い体験をし、その現実に直面して生きている。
 生きているだけで充分!
  自分を罰するのは止めましょう!
       fashion_muffler.jpg
 
このようにあんじゅや虹のかけはしは、いつも様々な話題が出ます。
どんな話でも・・悲しい寂しいも、おかしな世の中のこともなんでもOKなのです。
実家に戻って「この一か月こんなことがあった」と心のガードを外し安心して
話ができる、そんな場所です。
          sweets_ochagashi_otsukigashi.jpg

特にまだ日が浅い参加者は、胸がいっぱいで気持ちを言葉にすることが
難しい場合があります。
無理をして話す必要は全くありません。
話すも聴くだけも、本人次第です。
わかちあいの場に身を置いているだけで、気持ちが安らぐと思います。

合言葉です!
イヤなことはしない!!
イヤなこと・イヤな場所には身を置かないようにしましょう。
無理はダメです。

世の中で起こっている事の他の面も見ることができるようにしたいですね。
あり得ない体験をした私たちだからこそ、それができると考えています。

2月2日の虹のかけはしで、またお逢いしましょう (^∇^)ノ


広報の記事

 前回のブログでリンクを設定いたしましたが、1月からうまくリンクできないので
 本文を記載いたします。
 記事を読んだ感想・想いはこちらです。
 「こちら」をクリック・タップでリンクします。
━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━
 『自死遺族の心の支えに』
 身近な人や大切な人を自殺によって亡くした遺族は「殺」という文字に
 傷つくことがあります。
 そのため、遺族は「自殺」ではなく「自死」という言葉を使い、 
 自殺で身近な人を亡くされた方を「自死遺族」と呼んでいます。
 
 自死遺族は、悲しみや自責の念、社会の偏見などから自殺で亡くなったことや
 悲しみを誰にも話すことができず、
 地域や社会から孤立してしまうことがあります。
 ゆっくり静かに話を聴くこと、「必要なときはそばにいるよ」というメッセージを
 伝えることが遺族の支えになります。
 自殺の現状や自死遺族への理解を深めることで、遺族が安心して話せる場を作り、
 自殺に対する偏見や差別をなくしていくことが大切です。
参考文献:「自死・自殺」の表現に関するガイドライン(NPO法人全国自死遺族総合支援センター)

   太文字をクリックでリンクします。

広報よこはま『自死遺族の心の支えに』を読んで

21日のブログでお伝えしましたが、標記の通り様々な意見や感想を書いていきます。
広報の記事はこちらからリンクします。(「こちら」をクリック・タップでリンクします)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*記事のタイトルにひかれ読んだが、最初に感じたのは
 自殺を自死に替えても、状況は全く変わらない!ということ。
 一体だれのための呼称変更なのか・・・
 何故『遺族』という言葉を使いたがるのか、理解できない。
 病死遺族や事故死遺族とは言わないのに。

何度読んでもこの記事全体で何を言わんとするのかが不明です。
 そして、そういう文章の曖昧さが、「自殺」という事柄に対する世間の印象を、結果的には
 曖昧にしたり、ひとりひとりが明確に自分自身でしっかり考える機会を奪う事に
 なってしまったりしかねないといました。
 つまりこういうヘンテコな文章そのものが、結果的に、世間の皆さんの自殺という事柄に
 対する偏見を助長することになりかねないと思いました。

*上から目線の浅薄な文章に非常に傷ついた。
 さぁ 善良な市民の皆さん、かわいそうな『自殺遺族』のために
 せめて呼び方を替えてあげましょう・・・と言いたいのか?

*最初から行政には全く期待していない。
 が、この記事を読み、その思いがますます強くなった。
 横浜市では以前「みんなでゲートキーパー」と推進していたようだが、
 この記事を読む限り全く機能していない。
 「必要なときはそばにいるよ」!?
 私たちに寄り添う気持ちが感じられない行政人は必要ない。
 こんな記事をもっともらしく広報に上げるのは、どんな理由からなのか。

*遺族の一人である自分のおもいは、「殺」という字を使おうが使うまいが、そうした漢字
 一文字をどうこうする事で左右されるような軽々しいものではないので、
 問題のひとつの切り口としてはまあ悪くは無いだろうけど、
 このことを引き合いに出して、ごく短く限られた市の広報紙面でお茶を濁して済ませる
 ような文章しかも何を読者に伝えたいのか不明瞭な文章を掲載するのだったら
 却ってやめておいたほうがいいんじゃないんですか?という印象でした。

*もしかしたら、元々はとても良い文章であったけれど、紙面の都合や無理解な他者に  
 乱暴に削られたり添削されたりした、‥‥のかも知れないけれど
 結果的にこういう文章を広報紙に掲載する横浜市の力量や姿勢が、表に出てしまうので、
 横浜市のイメージ作りにはプラスに働かないと思いました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

上記が行政が言うところの、いわゆる「自死遺族」である私たちの感想です。
私たちが欲しいのは、安っぽい同情ではありません!
安心して心のウチを聴き、話すことができる場所です。
あんじゅ・虹のかけはしがその場所なのです。

改めて、あんじゅ・虹のかけはしの大切さを痛感しています。






 

12月のあんじゅ

12月21日 今日は午後2時から今年最後のあんじゅが開かれました。
毎日とても寒い日が続いていますが、この日を待ち焦がれていた7名での
わかちあいでした。

       bg_snow_jutaku (1)  cat_kotatsu_neko.jpg

今日のあんじゅを励みにしながらも、参加できなかった仲間もおります。
皆「あんじゅ・虹のかけはしがあるから日々を過ごせる」という気持ちなのです。

あっという間の2時間でした。
ここは気を遣わず、何でも話せる貴重な場所なのです。
今日もたくさんの話題が出ました。

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━

*年末年始の楽しそうな家族連れを見たくない。
*『逃げ方』が身についてきた。上手になった。
 あちこちに【地雷】が仕掛けられているので、踏まないように気をつけたいですね。
 会うと傷つくと思う人には近づかない。
*精神科を受診した際、問診票に「身近に自殺者の有無」という項目があり
 非常に不快だった。
 精神科より、あんじゅで話し・聴く方が心が安らぐ。
*今この時間をごまかしていくと、だんだん時間が過ぎていく。
 時間はごまかしても
 自分の感情はごまかさない、否定しない!
またこんな発言もありました。
「自死遺族」という呼称には抵抗がある。
 病死遺族や事故死遺族と言わないにもかかわらず、何故自死だけ特殊な扱いなのか。
 日本人という民族の特性や文化・宗教の違いなのか・・・
「広報よこはま」の『自死遺族の心の支えに』という記事を読み、非常に傷ついた。
 青文字部分をクリックまたはタップでリンクします。4面です。)
という話題が「自死遺族の会・あんじゅ」で出たのです。
行政が考える(?)自死遺族と、私たちの間には大きな隔たりがあります。
これについては、また改めて取り上げていきます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。

先ほどのわかちあいでの発言の通り、これからクリスマス・年末年始と
私たちにはイヤな時期になります。
見たくない・聞きたくないものが、目に耳に入ってきます。
たとえ目や耳に入っても、そこでストップ!!
❤❤心の中まで入れないようにしましょう。
あんじゅ・虹を想って、仲間を想って何とかやり過ごしたいですね❤❤

万全な寒さ対策で過ごしましょう。
また来年♪(/・ω・)/ ♪